東急東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩5分
目黒川沿い / 目黒区青葉台

03-3463-6550
初診相談
アクセス
HOME >  治療例 >  矯正の治療例 >  反対咬合(骨格性下顎前突)

反対咬合(骨格性下顎前突)

症例:反対咬合(骨格性下顎前突)
外科矯正で治療

顎変形症外科矯正症例初診時正面

顎変形症外科矯正症例右側面

顎変形症外科矯正症例左側面

治療開始前
上下顎骨の骨格的なバランスに起因する不正咬合ですので、顎骨の手術も併用しておこなう外科矯正の方針となりました。
このような不正咬合では、歯並びの土台となる顎骨の位置のずれが大きいため、矯正治療単独ではきちんと噛み合わせを確立することができませんので、顎骨の手術を併用して、上下の歯列の位置関係を整えます。
矯正サイドでの診断のあと、手術を担当する口腔外科の診察もうけていただいてから、矯正治療の開始となります。

顎変形症外科矯正治療中正面

顎変形症外科症例矯正治療中右側面

顎変形症外科症例矯正治療中左側面

治療中(術前矯正)
手術前の矯正治療(術前矯正)では、「手術をしたらきちんと噛める歯並び」にしていきます。下顎前突などの場合は、手術に向けて一時的に噛み合わせを”ずらす”矯正治療をする事になります。

顎変形症外科矯正治療中正面

顎変形症外科症例矯正治療中右側面

顎変形症外科症例矯正治療中左側面

治療中(術後矯正)
手術後には、手術で確立した顎関係にあわせ、最終的な歯並び、噛み合わせとなるよう矯正治療をおこないます(術後矯正)。この段階までくると、いわゆる通常の矯正治療と同様の治療内容となってきます。

顎変形症外科症例矯正治療中正面

顎変形症外科症例矯正治療中右側面

顎変形症外科症例矯正治療中左側面

保定観察開始時(動的治療終了)
歯を動かす治療を終了し、矯正装置を撤去したところです。
症例により大きく異なりますが、一般的なご説明として、手術の前後にそれぞれ2年程度の矯正治療期間を患者さまには見込むようにしていただいています。
本治療では、小臼歯抜歯を要しなかったこと、初診の歯列に叢生を伴わず、歯の移動総量が少なめであったこと、手術後の顎関係の安定が確実であったことなどから、術前矯正、術後矯正がそれぞれ約1年程度と、外科矯正としては非常に短期に動的治療期間を経過することができました。顎骨の手術から退院された直後の顎間ゴムの使用や、矯正歯科への通院など、患者さまの確実なご協力が得られたこともおおきな要因だと思います。
(矯正治療にかかる期間は、不正咬合の状況、治療の方針、患者さまの協力度、通院状況など、さまざまな要因により異なりますので、予めご理解ください)

外科正治療開始前の横顔

外科矯正治療終了時の横顔

治療前後の口元の比較
(左:治療前、右:治療後)
手術による下顎骨の後退にともない、横顔のバランスも良くなりました。

※実際の矯正治療では、それぞれの患者さまの不正咬合の状態にあわせた治療をおこないます。そのため、矯正治療の方法、経過、期間、治療結果などは、患者さまにより異なります。ひとつの事例として参考にしてください。

年齢:26歳
治療に用いた主な装置:マルチブラケット装置
抜歯部位:前医にて上顎左右小臼歯を抜歯済
この症例の治療費:※保険適用の費用 入院、手術に関しては高額療養費が適用されます。
一般的な矯正治療のリスク副作用:
リテーナーを使用しないと後戻りがあります。
治療前後の比較で稀に歯根吸収が見られることがあります。
稀に歯が癒着していた場合、動かないことがあります。
不正咬合の状況により、歯肉退縮やブラックトライアングルが見られる場合があります。

←前のページに戻る