HOME >  矯正治療の種類 >  矯正治療の分類

矯正治療の分類

矯正治療の内容は、成長期・子供時代の矯正と、永久歯列の歯列矯正とで大きく異なります。成長期の矯正治療はまた、不正咬合のタイプや、子供の成長発育段階により治療内容がかわってきます。

矯正治療は最終的に、永久歯の歯並びとかみ合わせをきちんとすることが目標となりますが、永久歯列の歯列矯正は、一般的な表側のブラケット装置のほか、裏側に矯正装置を装着する舌側矯正、着脱式のマウスピースを用いるインビザラインなどの方法もあります。

歯の矯正だけではきちんとかみ合わせを確立できない、骨格的要因の顕著な不正咬合の場合には、顎骨の手術を併用する外科矯正が治療方針となる場合もあります。
下表のリンクから、関連のページをご覧ください。

矯正治療の分類

永久歯列・成人の矯正
矯正装置で歯を動かして、永久歯の歯並び・かみ合わせを仕上げます。
患者さまのご希望と、不正咬合の状況の双方を考慮して矯正装置を選択します。

上下顎骨の位置関係が著しくずれており、歯の矯正だけではきちんとかみ合わせを確立できない場合に限り、外科矯正を検討します。

子供・成長期の矯正
不正咬合のタイプ、成長発育段階などにより治療内容が異なります。
小学生高学年頃までの第一段階の矯正治療と、永久歯がはえ揃った以降の歯列矯正の2段階にわけて矯正治療をするのが一般的です。
必要な治療内容にあわせて矯正装置を選択します。

各種矯正装置(歯列矯正)

歯の表側に装着するブラケット装置

****

歯列矯正に用いる矯正装置の中で、最も一般的なタイプです。

詳細ページ→

裏側矯正(舌側矯正)

舌側矯正装置incognito

歯の裏側にブラケット装置を装着する方法です。
当院では、インコグニトというオーダーメイドシステムを採用しています。

詳細ページ→

インビザライン

インビザラインを装着した状態

着脱式の透明なマウスピースを用いて矯正治療をおこないます。インビザラインは、マウスピース矯正において最も適用範囲の広いもののひとつですが、抜歯症例など複雑な症例では、ブラケット装置との併用を要する場合があります。

詳細ページ→

 ※成長期・子どもに使用する矯正装置のページはこちら

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク