HOME >  矯正治療の種類 >  表側の矯正装置

表側の矯正装置

矯正治療では、表側のブラケットが最も一般的な矯正装置のひとつです。20年ほど前までは、前歯の部分での金属製ブラケットも普通でしたが、現在ではさまざまな目立ちにくい矯正材料が増えたので、表側の矯正装置でも、目立たないように配慮しながら矯正治療をすすめるのが一般的になっています。

表側の矯正装置・材料選択に関する当院の考え方

矯正装置の選択にあたっては、効率よく確実な治療結果の得やすい矯正装置を使用することが重要です。その前提で、長期間装着する矯正装置は、できるだけ目立たず、きれいなものが良いと考えています。

ブラケットについて

実は金属製のブラケットは、矯正装置としての強度や取り扱いには最も優れます。セラミック製のブラケットは、見た目に優れるものの、ブラケット自体の丈夫さや厚みなどでは金属部ラケットに劣るため、矯正装置が目立ちやすい前歯はセラミックブラケットを、装置が目立たない奥歯は金属製の矯正装置を使用します。

金属製ブラケットのほうがセラミックよりも、僅かに治療コストを節約できるという面はありますが、患者さまの意識としても、前歯部分には白色か透明ブラケットの使用が一般的になっているものと思われ、当院では開設以来本文執筆時点まで、前歯部分の金属製ブラケットのご希望を患者さまからいただいたことがありませんので、前歯金属部ラケットの設定は廃止しております。

ひとくちに「セラミックブラケット」といっても、実に様々な製品が存在し、白色の“色味”や透明感、矯正治療のしやすさなどが異なります。当院においても常に試行錯誤を念頭に材料選択をおこなっておりますが、現在、セラミックの透明感、歯の色味の反映感、目立ちにくさ、薄さ、強度等の観点から、外科矯正を除き”クリアティ アドバンス”というブラケットをメインに使用しています。

※外科矯正に関しては、手術前後のダイナミックな咬合変化時における歯質の保護等を考慮し”クリアブラケット”というプラスチック系の白色ブラケットを使用しています。クリアブラケットは、プラスチック系の材質でありながら、矯正治療に十分な強度と耐久性をもち、同時に、結紮のしやすさなど矯正医にとっての治療のしやすさも兼ね備えた形態となっておりますので、当院の外科矯正に採用しています。

ホワイトワイヤーについて

矯正用のアーチワイヤーも目立たない方が望ましいので、当院ではできるだけホワイトワイヤーで処置をするようにしています。
しかしながら現時点(2017年現在)では、

  • ホワイトコーティングされた矯正用アーチワイヤーの種類、材質が限られる(全ての臨床的状況をカバーできるものではない)
  • ホワイトコーティングされたワイヤーのみでは矯正治療上の制約が増加し治療効率が下がる場合がある
  • 材質によるが1~2ヶ月以上の連続使用によりコーティングがはげることが多い

などの点で、ホワイトワイヤーのデメリットも散見される状況です。
そのため、できるだけホワイトワイヤーを用いたいのはやまやまですが、例えば、ホワイトコーティングの“はがれ“を理由に、矯正治療上は不必要なワイヤー交換をせまられたり、ホワイトワイヤーを使うために治療のしかたを変えることになってしまうと、矯正治療の効率低下に、患者さまには時間とコストの増大に影響してしまいます。

そのため当院では、矯正治療の進行とのバランスを考慮した結果、下記の方針にてホワイトワイヤーを使用しております。

  • できるだけ」ホワイトワイヤーを用いる方針とする
  • ただし、処置の際のワイヤー選択は、治療上の必要性を第一優先に矯正医が選択する
  • そのためホワイトワイヤー使用の際にも追加費用はかからない
  • 治療内容ならびに健康保険点数等を勘案し、外科矯正ではホワイトワイヤーは使用しない

表側のブラケット装置は、矯正治療を行なう上で、治療のしやすさ、円滑さ、費用などの観点から、最も一般的で合理的な選択のひとつです。
一方、矯正装置としての審美性(見た目の問題)は、以前と比較してかなりの改良がされてはいるものの、「見えるところ」に矯正装置を装着する以上、「目立たずに、見えずに」ということにはどうしても限界があるものだと思います。
よりより確実に見えにくい、目立たない方法での矯正をご希望の場合には、裏側からの矯正治療(舌側矯正)や、マウスピース型の矯正装置(アライナー矯正)(インビザライン、オペラグラスなど)など、本質的に矯正装置が目立たない方法を比較検討されると良いと思います。

治療初期に用いる超弾性ワイヤー

ホワイトワイヤーの使用例

典型的なホワイトワイヤーです。
長期間の使用や、物理的な擦過、繰り返しの撓み、などにより、基本的にコーティングは剥げてきます。

中盤以降に用いるロジウムコーティングのホワイトワイヤー

ロジウムホワイトコーティングの例

白色系の貴金属(ロジウム)でコーティングされたワイヤーです。金属光沢はありますが、通常の非コーティングのワイヤーと比較するととても綺麗で目立ちにくいワイヤーです。
金属製のワイヤーを金属でコーティングしているので、コーティングは非常に丈夫です。

2ヶ月の連続使用で著しくコーティングがはげてしまった例

ホワイトコーティングが剥げた例

写真が小さくわかりにくいですが、コーティングの残留部分と剥落部分とが「まだら」になってしまっています。
食事、歯ブラシや歯(ブラケット)の移動などの擦過や、咀嚼や歯ぎしりによる繰り返しの撓みなどにより、どうしてもコーティングは剥がれますので、同じワイヤーを長期使用する必要がある場合は、むしろ非コーティングのワイヤーのほうがきれいかもしれません。

通常の色味のステンレスワイヤーの例

通常のステンレスワイヤー

最も一般的、基本的なもの。
歯磨きなどをきちんとしていればきちんと清潔感もあり、見た目に不快感を生じるようなものではありませんので、矯正装置、矯正材料の選択としては合理的、かつ一般的なものです。

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク