HOME >  矯正治療の種類 >  マウスピース型矯正装置 (invisalignなど)

マウスピース型矯正装置 (invisalignなど)

 

ブラケットを使わずに歯を動かす

マウスピース型矯正装置・アライナー矯正(インビザライン・invisalign、オペラグラスなど)の最大の特徴は、ブラケットを使わずに歯を動かせることです。

従来は、矯正治療で精密に歯を動かすには、ブラケットとアーチワイヤーが不可欠でしたが、アライナーの設計・製作にCAD/CAMを利用するなど、様々な工夫がなされたことにより、従来よりかなり広範囲の歯列矯正がマウスピース矯正でできるようになりました。ブラケットなどの固定式の矯正装置を装着しないので、食事や歯みがきに影響なく歯列矯正できることが最大のメリットです。

マウスピース型矯正装置の一般的な適用範囲

マウスピース型矯正装置・アライナー矯正(インビザライン、オペラグラスなど)単独での矯正治療には、

  • でこぼこの程度が軽い、軽めの不正咬合
  • 奥歯のかみあわせの前後的なずれが少ない不正咬合
  • 上下の噛みあわせの前後、または左右のずれが少ない不正咬合
  • 垂直的なずれ(開咬・過蓋咬合)がない不正咬合

などの症例が適しています。

マウスピース型矯正治療装置(インビザライン、オペラグラスなど)のなかでインビザラインはCAD/CAMにより最後までのアライナー装置の設計が されるため、x印象採得(歯型をとる)が毎回は必要がないことや、「アタッチメント」とよばれる、歯の移動の確実性を向上する付加装置が利用可能な点が特 徴となりますので、当院では、全顎的なマウスピース矯正(アライナー矯正)では主に、インビザラインを採用しています。

一方、軽微な後戻りの再治療など小規模な部分矯正をマウスピース型矯正装置で行なう場合には、費用対効果を考慮し、オペラグラスなどの、毎回印象採得をして技工士さんにセットアップをしてもらうタイプのアライナーを用いています。

適切な治療システムの選択が重要

透明なマウスピース・アライナーなどの着脱式の矯正装置で歯を動かす治療自体は、従来から多々おこなわれており、現在では様々なアライナー矯正治療システムが登場しています。

  • アライナーの製作設計がCAD/CAM or アナログ的な技工作業
  • 毎回印象採得をおこなう or 治療の当初に最後までのアライナーをセットで製作
  • アタッチメントなど付加構造物の有無
  • アライナー自体の材質や厚さの違い

単純な歯の移動の比較では、一般的に、マウスピース型矯正治療装置(インビザライン、オペラグラスなど)と比較してブラケットとワイヤーを用いた矯正治療のほうが三次元的に様々な移動が行ないやすいという背景があり、マウスピース型矯正装置・アライナー矯正が従来のあらゆる矯正治療の代替というわけにはいきません。そのため、

  • マウスピース型矯正治療装置の適用に無理のない症例、治療方針
  • 実用に応じて他の矯正装置との適切な併用

といったことが重要であり、誤って適用すると、十分な治療結果が得られない場合もでてきます。

マウスピース型矯正治療装置で十分な矯正治療結果が得られない場合は、他の矯正装置を考慮する必要性も検討されます。マウスピース型矯正治療装置(インビザラインなど)単独では治療のむずかしい不正咬合では、ブラケット装置の(短期的な)併用や、見えにくい部分での限定的な使用などが必要になってきます。これらを考慮すると、不正咬合の状態や、治療のながれ等によってはむしろ当初から裏側、舌側矯正での治療のほうが適する場合もありえます。

当院の初診相談では、患者さんのご希望を踏まえ、不正咬合の状況から適切な治療のしかたを想定してご説明をしておりますので、安心してご相談ください。

マウスピース型矯正装置(インビザライン、オペラグラスなど)の注意点

着脱式の矯正装置なので、アライナーを毎日20時間以上装着する必要があります。アライナーの使用不足により予定どおりの歯の移動が得られないとアライナーと歯並びがあわなくなり、治療が進行しなくなってしまいます。

そのようなことがあると、治療期間の長期化だけでなく、アライナーの再設計、追加製作などが必要になる場合もあり、状況によって患者さまに追加の費用がかかる場合もでてきますので、ご自分の生活スタイルの中で上記の装着時間を長期間継続できるかどうかを、事前によくご検討ください。

※「インビザライン・invisalign」はアラインテクノロジージャパン社の提供するマウスピース型矯正装置ですが、薬機法対象外となる”海外カスタムメイド矯正装置完成物”にあたるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。同様にオペラグラスなどのマウスピース型矯正装置完成品も薬機法対象外となります。

※平成29年医療法等の一部改正、平成25年薬機法公布(旧薬事法)に基づく日本矯正歯科学会の方針にしたがい、カスタムメイド矯正装置完成物、な らびに商品名の記載等について修正をおこなっています。日本矯正歯科学会の認定医ならびに専門医は、日本矯正歯科学会の倫理規定に準拠する義務を負ってい ます。

インビザラインでの矯正治療開始前

マウスピース型矯正装置(アライナー矯正)での治療開始前です。
前歯にでこぼこがあります。

インビザラインを装着した状態

アライナーを装着した状態。
よく見ると、透明なマウスピースが見えます。
コンピュータでシミュレーションして製作されたアライナーは、歯の動きにあわせて、2週間ごとに新しいものに交換します。

歯の表面に装着する「アタッチメント」

マウスピースを歯にしっかり固定するために「アタッチメント」というプラスチックの突起をつける場合があります。
もちろん矯正が終わったら撤去します。

インビザラインでの矯正治療終了時

約7ヶ月後、ほぼ治療が終了しました。
軽度の叢生症例だったこともあり、短期に治療を終了できました。

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク