HOME >  矯正治療の種類 >  裏側からの矯正、舌側矯正

裏側からの矯正、舌側矯正

 

矯正装置が見えない、目立たない=舌側矯正

お仕事の都合で矯正装置が見えると困る方や、矯正装置を気にしながら生活するのはイヤ、という方には舌側矯正、歯の裏側からの歯列矯正をおすすめします。

表側の矯正装置にどれだけ工夫をしても「見える場所」に装置をつけていることにはかわりありません。本質的に矯正装置を目立たなくするには、矯正装置そのものを「歯の裏側」に装着することが効果的です。

裏側からの舌側矯正は、表側からの歯列矯正と比較して技術的な難易度が高いため、治療期間の長期化をご心配される患者様もいらっしゃいます。しかし実際には、不正咬合のタイプによっては舌側矯正の方が有利な場合もあり、治療方法の長所と短所をよく考慮しながら、必要に応じて矯正用インプラントなどの工夫を加えることで、治療期間には「差がない」と考えて良い状況になっています。

また、舌側矯正のほうが、表側の矯正装置よりも虫歯になりにくい、矯正治療による歯ならびの改善が顔貌に早期から反映されやすい、などのメリット、特徴もあります。

裏側から矯正治療するメリット

  • 矯正装置が歯の裏側なので目立たない、ほとんど見えない。
  • 歯の裏側は唾液が多く、虫歯になりにくい。
  • 矯正装置が唇や粘膜を傷害しないので、歯並びの変化による顔貌への好ましい影響が早期から得られやすい。

…など

舌側矯正のデメリット

  • 矯正装置が内側なので、舌に違和感が生じやすい。
  • 歯の内側の歯磨きがしにくい。歯肉炎になりやすい。
  • 処置のしにくい場所に矯正装置がついているので、診察の時間が長め。

…など

裏側、舌側矯正での治療のすすめかた

矯正診断に使用するセファログラムレントゲン

ほかの矯正治療と同様、検査、診断を行い治療計画を確定します。

舌側矯正装置incognito製作のための精密印象

ブラケットとアーチワイヤーをオーダーメイドするための、精密な歯並びの「型」をとります。
この「型」はドイツのラボに送付され、矯正装置の設計と製作をおこないます。

舌側矯正装置incognito製作のための治療予測模型(セットアップ模型)

治療後の状態をシミュレーションして製作される「セットアップ模型」に基づいて、矯正装置が設計されます。
最近では、歯や歯列の形状をデジタルデータ上で処理をおこなう「デジタルセットアップ」が増えています。

インコグニートのセットアップと装置のセット

約4〜5週後、完成した矯正装置が届きます。
装置が届いたらまず、ブラケットを歯に装着します。

舌側矯正装置装着後の正面

ブラケットを装着した状態(矯正治療開始時)です。
ほとんど装置は目立ちません。

舌側矯正抜歯後のダミー装着など

※抜歯が必要な場合は、ブラケットの装着後に抜歯をします。抜歯した隙間が目立つ場合は、隙間が目立たないようにシェードをつけます。

舌側矯正装置装着から1年後(治療中)

事例:裏側での矯正治療開始から約1年、治療途中。矯正装置が目立つことなく、歯列矯正が進行中です。

当院の用いる舌側矯正装置・システム

現在では、様々な舌側矯正装置・システムが存在しておりますが、当院では下記の理由に基づき舌側矯正装置ならびに治療システムを選択しています。

  • 違和感を少なくするには、できるだけ矯正装置が薄いほうが良い
  • 正確な歯の移動にも、装置が薄くワイヤーが歯面に近いほうが有利
  • 装置が壊れにくいように、歯への接着面積を大きくしたい
  • 誤差が少なく精密な矯正装置が望ましい

…など

裏側の矯正、舌側矯正治療では、基本的に必ずセットアップモデルを製作し、これに基づいて矯正装置とアーチワイヤーの設計を行なうのが普通です。したがって、概ねすべての舌側矯正治療は「カスタムメイド」と言える訳です。当院の採用する舌側矯正システム(incognito・インコグニート)は、舌側矯正に用いるブラケットとアーチワイヤーを、患者様ごとにオーダーメイドしてCAD/CAMで製作する点をひとつの大きな特徴としています。

本システムは、ヨーロッパでは1990年代から利用されている舌側矯正システムで、患者様ごとに個別の設計にて、非常に精度の良い舌側矯正のブラケットとアーチワイヤーを製作しますので、手技が複雑で難易度の高い舌側矯正治療において様々なメリットをもたらしています。

  • 歯にあわせて装置の形態を作製するので、既製品の利用と比較して装置が薄くできる
  • 同様に接着面積の広いブラケット装置を製作できる
  • CAD/CAMで精密に装置が製作され誤差が少ない。トラブルの際の再製作も可能
  • アーチワイヤーもオーダーメイドされるため形態の再現性が定量的で正確

…など

患者さまごとに矯正装置を設計製作するシステムは、治療のしやすさや患者さんの快適性に、CAD/CAMを利用した矯正装置の設計製作は、矯正装置の定量的な再現性の向上に寄与しているものと考えております。

日本では2006年に考案者のDr.WiechmannによってはじめてCAD/CAMにより製作された舌側矯正装置(incognito・インコグニト)が紹介された当時、大学矯正科医局員であった私も自身でcertificationを取得し、以降、当院が中目黒で開設となる2008年から時を同じ くして日本国内で本格稼働となりましたので、以来積極的にインコグニトでの治療に取り組んでいます。

※「インコグニト・incognito」は3M unitek社の提供する舌側矯正治療システムですが、薬機法対象外となる”海外カスタムメイド矯正装置完成物”にあたるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

※平成29年医療法等の一部改正、平成25年薬機法公布(旧薬事法)に基づく日本矯正歯科学会の方針にしたがい、カスタムメイド矯正装置完成物、ならびに商品名の記載等について修正をおこなっています。日本矯正歯科学会の認定医ならびに専門医は、日本矯正歯科学会の倫理規定に準拠する義務を負っています。

 

CAD/CAMによる舌側矯正装置(インコグニトなど)への当院の取り組み

2006年に取得したインコグニトの認定証

2006年にcertificationを取得しました。

2006年に取得したインコグニトの認定証

2008年より日本国内でも本格稼働となりました。

Dr.Wiechmann、居波先生、杉山先生と

2009年より、CAD/CAMによる舌側矯正装置(インコグニトなど)に積極的に取り組んでいる先生方を中心に、年2回定期的開催のスタディグループが発足されました。
当院院長も2009年から2018年までこのスタディグループに参加しており、症例発表と討議の通じて情報発信と収集を継続しています。(写真はヴィッヒマン先生、ウー先生、居波先生、杉山先生らと)

インコグニトユーザーミーティングでの講演

2010年より、日本においてもインコグニトのユーザーミーティング(インコグニトで治療をしているドクター対象のミーティング)が開催されるようになりました。当院院長は、第2回となる2011年と、第3回の2012年に講演の機会を、第4回ではパネリストとして出席の機会をいただき、僭越ながら、非対称症例への対応、デジタルセットアップの利用などについて、お話をさせていただきました。

目黒青葉台矯正歯科クリニックにてDr..Thalheimと

2012年3月には、ドイツでインコグニトのセットアップの責任者を務められていたDr.Thalheimが来日の際に当院にお立ち寄りくださいました。セットアップをはじめとするインコグニトでの治療について有意義なアドバイスとディスカッションをいただきました。
現在では、日本舌側矯正歯科学会の幹事、常任理事など勤めさせていただくなかで、CAD/CAMによる舌側矯正装置(インコグニトなど)に限定せず、舌側矯正治療全般について学会運営などの立場からもお手伝いをさせていただいております。

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク