HOME >  矯正治療の種類 >  子供、成長期の矯正治療例

子供、成長期の矯正治療例

子ども・成長期におこなう矯正処置の一部をご紹介します。子どもの歯並びや顎は、成長発育とともに変化していきますので、この時期の矯正治療は途中経過的なものです。

子どもの時期に矯正をしたからといって、将来の2段階目(歯列矯正)が必ずしも不要になるわけではありませんが、最終的にスムーズに良好な歯並びと噛み合わせにするための矯正処置をしていきます。

子どもの前歯4本の矯正治療開始前

子どもの前歯4本の矯正治療後

永久歯の前歯だけに矯正装置を装着した例。
着脱式の矯正装置を作る前段階の準備として行う場合もあります。

子どもの前歯部開咬

開咬の治療後(子ども)

舌の癖の影響で前歯部開咬(オープンバイト)でした。タングクリブを使用し、MFTにより舌癖も解消させることにより、前歯で噛めるように治りました。

子どもの反対咬合・うけ口

反対咬合の治療後(子ども)

前歯が反対咬合でしたが、上顎前方牽引装置を使って矯正し、上の前歯が下の前歯に被さるようになりました。
今後の成長発育による変化や再発を見守る必要もありますが、成長旺盛なこの時期に、いちど正しい状態に治しててあげることがとても大切です。

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク