HOME >  矯正治療の種類 >  子供の矯正を始めるめやす

子供の矯正を始めるめやす

子供(成長期)の矯正の大切さ

成長期の子供は、乳歯から永久歯への歯の生えかわりだけでなく、歯並びの土台となる顔面骨格の成長発育を伴っています。成長期のかみ合わせの問題や口もとの癖(習癖)などを放置すると、成長発育に悪影響となり不正咬合を助長します。

そのため子どもの矯正治療は、単純に歯の矯正、歯並びだけの矯正と考えずに、顎顔面全体の問題と考えて、成長発育段階などにあわせて適切なタイミングで矯正することが大切です。

子供の時期からの矯正のながれ

矯正治療の最終的な目標は永久歯の歯並びやかみ合わせが安定してきちんとしていることです。

そのため、乳歯の混在する子供の時期は矯正治療の第一段階としての矯正をおこない、永久歯がすべて生えた後の歯列矯正(永久歯列期の矯正治療)を2段階目として、最終的な歯並びやかみ合わせの問題を治療して解決するのが一般的です。

矯正歯科を初診する時期は?

不正咬合の状況などにより矯正に適した時期は異なります。
基本的に、初診でご相談いただいた時期をスタート地点として最適な治療のしかたを検討しますが、成長発育段階にあわせてタイミングよく矯正を開始できることが理想的なので、上顎の前歯が3〜4本、永久歯になった頃(小学1〜2年生頃)には、いちど、矯正歯科の初診相談をお勧めします。

例外として、4〜5歳頃でも、かみ合わせが反対咬合になっている場合などは、早期から矯正治療を開始した方がよい場合がありますので、反対咬合がみられる場合は、できるだけ早くご相談ください。

口元の「癖」は必ず解消させましょう

口腔周囲の習癖は、歯並び・かみ合わせへの悪影響となります。

  • 指しゃぶり
  • 爪を噛む
  • 唇を噛む、吸う
  • 鉛筆やタオルをかじる、噛む
  • 口呼吸、いつも口を開いている
  • 舌位が低い。下顎歯列の内側に舌がある

…など

習癖の解消には、矯正装置の使用ということ以上に、習慣が改善されることが重要です。

爪噛みや指しゃぶり等では、爪噛み防止用の苦いマニキュア(※)の利用なども効果的です。
※爪噛み防止用の苦いマニキュア・「マヴァラ バイターストップ」

苦み成分の含まれた透明なマニキュアで、(お薬ではなく)化粧品店や通販などで購入できる製品です。

→マヴァラ バイターストップをamazonでチェック
(当院での矯正治療中に必要となった場合には、当院でも用意しています。)

咬合誘導と矯正治療は何が違う?

矯正治療は、最終的な永久歯列の完成までを一貫した治療として考えますので、そのために、歯の問題のみではなく、顎顔面のバランス、上下顎の骨格の問題なども総合的に考慮した長期的な視点で治療に取り組みます。当然に咬合誘導的な治療も矯正の範疇には含まれます。

一方、小児の咬合誘導と限定した場合、永久歯の正常な萌出が主目的となりますので、矯正と比較すると、比較的短期かつ部分的な、乳歯や混合歯列の不正咬合治療になる場合が多いように思われます。もちろん、不正咬合の問題が軽度の場合には、小規模に咬合誘導的な治療が適切となる場合も考えられますので、包括的な視点からきちんと判断して治療のしかたを検討することが重要です。

どちらも最終的には、健全な永久歯列を育成することが目的、という点では同じですが、治療のアプローチや計画の立て方、実際の料金体系などが異なる場合がありますので、それぞれのお子様に適切な矯正治療となるよう、矯正治療の専門家の意見をお求めください。

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク