HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:矯正治療の開始時期

矯正治療 Q&A:矯正治療の開始時期


子供の頃から矯正すれば、永久歯の歯列矯正は必要ありませんか?

小学校高学年頃までの、成長期の矯正治療(第一段階)と、永久歯が生え揃った後の歯列矯正(第二段階)とでは、矯正治療でできることが異なります。

本質的には、子供の時期(第一段階)+永久歯列の矯正(第二段階)の2段階で考えるのが、矯正治療として一般的かつ王道です。そのなかで、 成長期の矯正治療の目的は、成長発育が旺盛な時期のうちに誘導することにより、最終的により良い結果を得やすくすることです。

矯正治療の本来の目的は、永久歯列の健康な歯並びやかみ合わせですので、子どもの時期から矯正治療をおこなったとしても、最終的な仕上げとして、永久歯が揃った後の矯正(いわゆる歯列矯正)も多くの場合に必要です。
もちろん、なかには成長期の矯正治療のみで、その後の歯列矯正を要しない場合もあります。逆に、小学生の時期にはあえて矯正治療をおこなわず、永久歯列期の矯正治療のみとする場合も考えられます。

「過剰な治療」を避けることも大切ですので、どの段階で、どのような矯正治療が適切か、お子様の不正咬合の状況にあわせて判断いたしますが、基本的には(歯列矯正を不要とするための早期の矯正治療ではなく)「二段階矯正治療」という考え方に基づいたものとご理解ください。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク