HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:矯正治療の開始時期

矯正治療 Q&A:矯正治療の開始時期


子供のうちから矯正を始めたほうが良いのですか?

一般的には、永久歯列期の矯正治療(歯列矯正)のみで矯正をするよりも、[子どもの時期+永久歯列期]の2段階で矯正治療をする方が理想的とされています。

子どもの時期には、上下顎骨の成長発育や歯の生え変わりがありますので、その時期のうちに働きかけることにより、不正咬合の問題を軽減し、よりよい成長発育に導きます。子どもの時期に矯正をはじめたからといって、2段階目の歯列矯正が不要になるとは限りませんが、成長発育という、成人にはない変化を利用した矯正治療をおこない不正咬合を低減することにより、成長発育や将来の歯列矯正に、よりよい結果を得やすく誘導できるのが、子供ならではの特徴です。

なかには、不正咬合の状況や、初診相談に来院された際の成長発育段階などにより、多少待った方が良い場合や、子どもの時期の矯正治療を要せず、歯列矯正の時期を待つ場合などもありますが、全体的には、子どもの時期から少しずつ矯正治療を始めた方が、より良い結果となる場合が多々ありますので、タイミングよく矯正治療を開始することが大切です。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク