HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:顎変形症・外科矯正

矯正治療 Q&A:顎変形症・外科矯正


外科矯正が可能な時期は何歳からですか?中学生でもできますか?

目安としては、男子が18~19歳以降、女子が15~16歳以降です。
身長が伸びている間は下顎も成長するので咬合が変化します。そのため、外科矯正などの治療方針の確定には概ね成長発育が終了していることと、術前矯正を終了して入院手術を行う段階では、成長発育が完全に終了していることが必要です。

一般的に身長が止まる時期として、男子の18~19歳以降、女子の15~16歳以降を目安にしていますが、個人差がありますので、各自の成長発育の状況に合わて検査・診断や治療の開始時期を検討します。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク