HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など

矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など


インプラント矯正で使うインプラントと、普通のインプラントは同じものですか?

用語がまぎらわしいのですが、全く別のものです。
“普通の”インプラントとは、ブリッジや義歯(入れ歯)のかわりとなる、いわゆる補綴でおこなうインプラントは、噛む力に耐えられるような頑丈さ、太さがあり、周囲の骨とも完全に癒着させますので、一度埋入したら基本的に撤去できません。直径は細いもので4〜5mmはあります。

一方矯正で使うインプラントは、別名ミニスクリューともいって、矯正で必要な期間だけ歯槽骨に固定し不要となれば撤去する程度の簡便なものです。直径が1~2mm程度、長さが~10mm程度の小さなチタン合金の”ネジ”と思っていただければ良いと思います。

implantとは「植える」という意味なので、歯科治療では「骨に植立する」ものを総じてインプラントといいます。患者さんにとってはとてもややこしいと思いますが、診断時に、治療の必要性にあわせたご説明をきちんといたします。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク