HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など

矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など


インプラントやブリッジなどの補綴処置は、矯正治療の前後、どちらが良いですか?

インプラントやブリッジ、クラウンなどの治療を「補綴」といいます。補綴処置は、かみ合わせにあわせて精密な治療が行われます。そのため矯正治療前に治療した補綴物は、矯正のし終了後にやり直しが必要となる場合が多々あります。とくにインプラントは、埋入後に位置を変更することができません。そのような処置は矯正治療の終了後でなければなりません。

一方、治療の優先順位は、虫歯の治療→矯正、の順番です。これらを考慮うえ、矯正治療後に極端な再補綴とならないように、計画的に治療する必要があります。基本的には矯正の終了後に補綴という考え方となりますが、一連にトータルで考える必要がありますので、矯正と補綴をセットでプランニングすることが重要です。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク