HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など

矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など


白いワイヤーで歯列矯正できますか?

永久歯列期の歯列矯正では、「できるだけホワイトワイヤーを使う」という方針です(外科矯正を除く)。
以前とくらべてホワイトワイヤーの種類も豊富になってきていますが、それでも矯正治療全体をホワイトワイヤーのみで行うには、まだ不十分な状況と当院では考えています。(2013年12月時点)

ホワイトコーティングの殆どは、長期使用には耐えられず「はげて」しまう現状ですので、ホワイトワイヤーで矯正治療することを最優先としてしまうと、治療進行の妨げとなったり、矯正治療の長期化を招く場合も考えられます。

そのため当院では、円滑な矯正治療ということを最優先に、そのうえでできるだけ矯正装置が目立ちにくいように、可能な場合はホワイトワイヤーを用いることとしています。
具体的には、

  1. 矯正治療初期に使用するニッケルチタンワイヤーはホワイトコーティングワイヤーを用いています
  2. 治療中盤で使用するステンレスワイヤーはロジウムコーティングワイヤーをできるだけ用います(外科矯正を除く)。ロジウムですので、美しくコーティングされていますが金属光沢はあります。現状でステンレスの長期使用に耐えられるホワイトコーティングワイヤーはロジウムのみと考えています。
  3. 治療上ループの屈曲が必要な場合や、Ti-Moなど特殊材質のワイヤーを使用する場合は、ホワイトコーティングワイヤー自体が存在しませんので、通常のワイヤーを用います。
  4. 上下のワイヤーの色味の相違がむしろ目立つと思われる場合には、あえてホワイトワイヤーを用いずに通常色を使用します。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク