HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など

矯正治療 Q&A:手順・方針・抜歯など

矯正治療はどのような装置を使うのですか?目立たずに矯正できますか?

歯列矯正(永久歯列期の矯正治療)で最も一般的な装置は、歯の表側に装着するブラケットとアーチワイヤーです。“見える”場所に矯正装置を装着することにはなりますが、矯正装置の目立ちやすい前歯には、白色や透明のブラケットを使用するのが一般的ですので、それほど目立たずに矯正治療できると思います。

装置が見えると困る、できるだけ目立たずに治療をしたい、という場合には、歯の裏側の矯正装置(舌側矯正)や、マウスピース型矯正装置(インビザラインなど)での歯列矯正などの「審美的矯正装置」もあります。

マウスピース型矯正装置の基本的な制約として、抜歯を要するようなタイプの不正咬合の矯正は、マウスピース型矯正装置(インビザラインなど)単独での矯正治療が難しいという現状があります、そのため当院では、審美的矯正装置がご希望の場合には、不正咬合の状況にあわせて、舌側矯正とマウスピース型矯正装置(インビザラインなど)を選択しています。

※小学生などの子供の時期の矯正治療では、目的に応じて様々な矯正装置を用います。不正咬合の状況などによって異なりますので、子供の矯正装置に関するページなどを参照してください。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク