HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:日常生活への影響

矯正治療 Q&A:日常生活への影響

矯正装置は、スポーツに影響がありますか?

スポーツには直接影響はありません。

しかし、矯正治療中は、歯が物理的な刺激に対して敏感になっている場合があるので、接触の激しいスポーツで口元を打撲すると、通常より痛みを強く感じる可能性はあります。

また、歯列矯正の進行にともない歯並びの形が変わるため、スポーツマウスガードの使用が困難、ということも問題点の一つです。顔面を強く打撲した際には矯正装置が口の中の粘膜を傷つける可能性もあるので、ラグビーなど接触系のスポーツや、柔道など格闘技系のスポーツは気をつける必要があります。

口腔粘膜を傷害するリスクを減少する、という目的で、インビザライン(マウスピース矯正)や、歯の裏側の矯正(舌側矯正)などを検討されても良いかもしれません。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク