HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:マウスピース型矯正装置(インビザラインなど)

矯正治療 Q&A:マウスピース型矯正装置(インビザラインなど)

マウスピースでは矯正が難しい場合もあるとききました。私の場合はどうでしょうか?

当院の基本方針として、抜歯を要しない、でこぼこなどが比較的軽度の不正咬合は、患者さまのご希望によってマウスピース型矯正装置(インビザラインなど)での治療を行っています。

様々なマウスピース型矯正装置のなかで、インビザラインは精密な歯の移動が得やすい治療システムの一つと考えておりますが、しかしながらそれでも、アライナー矯正単独ではあらゆる不正咬合を治療可能な状況にはなっておりません。抜歯を要するようなタイプの不正咬合は、マウスピース型矯正装置単独での治療が困難ですので、そのような場合には、臼歯などの目立たない部分にはブラケット装置を用いるなど、ほかの矯正装置の利用と複合・併用した治療が必要な場合もあります。

当院では舌側矯正という選択肢もあり、マウスピース型矯正装置単独での治療が困難なケースでは、特別な理由やご希望ががなければ舌側矯正の適応として、当院ではご説明をおこなっています。

患者さまの不正咬合の状況によって異なりますので、初診相談時に「目立たない矯正装置のご希望」ということを必ずお伝えください。不正咬合の状況などに合わせ、適切とな矯正装置の選択等についてもご説明いたします。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

リンク