HOME >  Q&A・もっと詳しく >  Q&A一覧 >  矯正治療 Q&A:矯正治療の費用

矯正治療 Q&A:矯正治療の費用


医療費控除について教えてください。
矯正歯科に支払う治療費が安くなるのでしょうか?

医療費控除とは、その年にかかった医療費の一部が、課税対象から控除されるという日本の税制上の制度の一つです。患者さまご自身で確定申告をしていただくことにより、当該年度の税金が下がる制度ですので、矯正歯科に支払う治療費用が安くなるのではありません。
具体的には、1月1日から12月31日までの1年間で、世帯全体でかかった医療費の、10万円を超えて200万円までの金額が医療費控除の対象となります。

<計算例:所得税が20%の世帯で、家族全体で医療費が50万円かかった場合>

  • 10万円を超えた分[50-10=40万円]が医療費控除の対象です。
    • 所得税が20%の場合の所得税減額分は、40万円×20%=8万円
    • 地方税(一律10%)の減額分は、40万円×10%=4万円
    • ほかに、所得税に基づいて算出される復興税(所得税の2.1%=約1600円)

矯正治療費も医療費控除の対象となりますが、成人の矯正治療の場合には、審美目的ではないことを証明するための診断書が必要です。当院では、成人の患者さまには、確定申告用の診断書を無料で発行しております。

Q&A一覧のページに戻る

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク