HOME >  矯正治療の種類 >  子供の矯正につかう矯正装置

子供の矯正につかう矯正装置

子どもの矯正治療では、不正咬合の種類や成長発育段階などにより様々な矯正装置を選択します。

たとえば上顎前突(出っ歯傾向)と下顎前突(うけ口傾向)とでは、治療内容も使用する装置も異なってきます。歯の生え変わりの程度や、あごの骨の成長時期などによっても治療内容が変わりますので、同年代のお子様と同じ治療・矯正装置でないからといってご心配になることはありません。

それぞれのお子様にあわせ適切な時期を考慮し、適切な矯正装置を選択して矯正治療をおこないます。

子どもの矯正の装置の一例

床矯正装置の基本的なもの

子どもの矯正治療によく使われる着脱式の矯正装置の基本形。床装置(プレート)といいます
基本的な設計のものでは、現状の維持や、乳歯が抜けた後のスペースをキープする目的などで使用します
様々な機構を加えることで、様々な目的に使います

クリブプレート

舌の癖のある場合に使うクリブプレート(着脱式)
上記の床装置に、舌をストップする「柵」を追加したもの

タングクリブ

クリブプレートの装着例。
「柵」の部分で舌がストップされ、不必要に歯を押せないようになっています

拡大床

プレートの中央に「拡大ネジ」を追加した拡大床(拡大装置)(着脱式)

拡大床の説明写真

中央のネジの部分を少しずつ広げることで、歯列の拡大を行います

子どもの前歯にブラケットをつけたところ

前歯のみ、部分的にブラケット装置を使用した例(セクショナルアーチ)

上顎前方牽引装置

着脱式
成長期の骨格性の下顎前突(受け口)に使用します
10歳ぐらいまでに、根気よく使用して上顎骨の成長促進をします

ヘッドギア(子どもの上顎前突の治療)

着脱式
上顎前突(出っ歯)の治療に使用する装置
頭部の帽子から、上あごの奥歯を後ろ向きに引っ張ります

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク