東急東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩5分
目黒川沿い / 目黒区青葉台

03-3463-6550
初診相談
アクセス
HOME >  サンプル:患者さまのお悩み例ご紹介

サンプル:患者さまのお悩み例ご紹介

装置

歯並びのでこぼこや八重歯、歯並びの隙間、出っ歯や受け口など前後的なかみ合わせのずれなど、歯並び・かみ合わせの問題は様々な種類があります。ここでは、当院の患者さんがどのようなお悩みを持ってご来院し、治療をされたか、院長からのメッセージを添えてご紹介しています。

患者さんの考える「きれいな歯並び」と、歯科医師の考える「良いかみあわせ」が一致し、よりよい矯正治療となるように矯正治療は、歯ならびと顔のバランスの両方を考慮して治療をすすめていきます。

10代の患者さまのケース

小学生の頃はご家族に言われて渋々矯正をするお子さんがほとんどですが、中高生になると自ら「矯正したい」と思う患者さんが増えてきます。幼い頃は気にならなかった歯並びや口元が、「永久歯への生え変わりでデコボコが目立つようになった」「口元が出ている感じが気になるようになった」「成長期に顎がのびて、噛み合わせのずれが気になるようになった」などのお悩みを持つ方も出てきます。

10代の患者さまのケース

20代の患者さまのケース

学生から社会人へとライフサイクルが大きく変わるのがこの年代です。就活に備えて矯正治療を始める方もいらっしゃいます。「お仕事の都合で矯正装置が見えると困る」「矯正装置を気にしながら生活するのはイヤ」という方には、歯の裏側からの舌側矯正をお勧めします。当院の患者さんは、20代のこの時期に反対咬合のお悩みで外科矯正治療を希望する方も多くいます。

20代の患者さまのケース

30代の患者さまのケース

ご自分の生活に余裕ができて「子供の頃から歯並びをきれいにしたかったから」と治療を決断する方や、お子さんと一緒に矯正治療を始める方など、長い間お悩みを持っていてもタイミングが合わずに矯正治療ができなかった方が決断されるケースも多いです。「噛み合わせが気になるから」「周りで同じ年代の方が始めるのを見て、やっぱり自分も」と決断された方もいらっしゃいます。

30代の患者さまのケース

40代以上の患者さまのケース

歯はいくつになっても動いています。「だんだん噛み合わせが気になり始めた」というお悩みをよく聞きます。「一生自分の歯で食べたいから」「自分に時間ができるようになったから」とポジティブに矯正治療を始める患者さんもいらっしゃいます。矯正を始めるタイミングは、どの年代になっても遅くはありません。口元は年齢が出る場所でもあります。顔の印象も若返って見えることも多いです。

40代以上の患者さまのケース