HOME >  当院のご案内・院長ご紹介 >  院長ご挨拶

院長ご挨拶

宮崎芳和

安心して矯正治療を受けていただけることと、満足していただける矯正治療をすることが私たちの目標です。そのためには、患者さまのご希望と、矯正医の専門的な判断とがきちんと一致していることが大切だと考えています。

そのためには、適切な矯正治療のための知識と技術の裏付け、ということ同時に、患者さんとの十分なコミュニケーションや、また必要に応じての各分野の専門家と協力が欠かせません。

東京生歯科では、私たち自身がまず一般的な矯正治療に加え舌側矯正(裏側の矯正)や顎変形症の外科矯正などの専門性の高い矯正治療にも研鑽を積むと同時に、包括な歯科治療のために、定期的な勉強会などを通じて口腔外科、歯周病、インプラントなどの各専門医との協力体制と情報共有を日頃からおこなっています。

矯正専門歯科として、さまざまな要望に確実に応えられるということと共に、患者様との距離感が近く治療上の情報共有が容易な、安心感のある矯正歯科でありたいと考えています。矯正治療を開始される患者さまは、安心してご相談ください。

略歴

  • 長野県立長野高校卒業
  • 昭和大学歯学部卒業
  • 昭和大学大学院修了(歯学博士・歯科矯正学)
  • 昭和大学歯科矯正学教室勤務 〜2007年3月
  • 昭和大学歯学部兼任講師 2007年4月〜
  • 目黒青葉台矯正歯科クリニック開設・院長 2008年4月〜

所属学会・資格等

  • 日本矯正歯科学会認定医(2002年〜)
  • 日本矯正歯科学会代議員(2010年度〜)
  • インコグニト(incognito)認定ドクター(2006年〜)
  • インビザライン(invisalign)認定ドクター(2006年〜)
  • 日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、日本顎変形症学会、日本舌側矯正歯科学会、日本咀嚼学会、日本口蓋裂学会 ほか学会員
  • 歯周-インプラント-矯正研究会(毎月開催)などのスタディグループに所属
  • インコグニトでの舌側矯正は、2009年から定期的に開催されているスタディグループに参加させていただいております

業績

症例報告

  • CAD/CAMにより個別化されたリンガルブラケットシステムにて矯正治療をおこなった過蓋咬合を伴うAngle Cl. I叢生症例(Dental Medicine Reserch,2012)
  • セルフライゲーションブラケットで非抜歯治療を行なったAngle Cl.I叢生症例(Dental Medicine Reserch,2013)
  • テンポラリーアンカレッジデバイスを用いた下顎大臼歯遠心移動により治療を行なった過蓋咬合を伴うAngle Cl.Ⅲ前歯反対咬合症例(Dental Medicine Reserch,2013)

分担執筆

  • 「チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド」
    (2004・医歯薬出版):宮崎 芳和、槇 宏太郎他

講演

インコグニト(incognito)ユーザーミーティングにて下記講演の機会をいただきました

  • 2011年:インコグニトによる側方偏位を伴う不正咬合の治療について
  • 2012年:デジタルセットアップの利用について
  • 2013年:インコグニトでの抜歯症例への対応(パネリスト)

講義

  • 2013、2014、2015年度日本舌側矯正歯科学会タイポドント委員会に所属させていただき、タイポドントコース講習会のサブインストラクタとして参加しました
  • 2008年から昭和大学歯科矯正学教室専攻生を対象として「矯正材料とバイオメカニクス」に関する講義を担当しています
  • 2012年度の昭和大学歯科矯正学教室専攻生を対象とした第3回タイポドントコースのヘッドインストラクターを担当しました

ページトップ

初診相談のご予約

ご質問・お問い合わせ

目黒青葉台矯正歯科クリニック

東京都目黒区青葉台1-18-7 109

Tel:03-3463-6550

中目黒駅までのおおよその所要時間は、渋谷4分・恵比寿3分・自由が丘4分・目黒11分・六本木9分・霞ヶ関14分・銀座/日比谷18分・新宿三丁目11分・池袋16分・横浜21分です。

(C) 目黒青葉台矯正歯科クリニック all rights reserved.
許可なく転載、転用を禁じます。
引用の際はご一報いただくか、出典の明記、またはテキストリンクをお願いいたします。

相互リンク